シミ・肝班の特徴・対策・治療法

スポンサードリンク

肝斑(かんぱん)とは

肝斑(かんぱん)とは、いわゆるシミのことで、顔に淡褐色のシミ(斑)が見られます。

シミにもたくさんの種類がありますが、日本人の皮膚は肝斑(かんぱん)ができやすいといわれています。(特に、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいらしいです)

肝斑(かんぱん)は、主に30歳〜40歳代の女性に多く見られます。シミは歳を重ねるにつれてどんどん増えていくものと思っている女性が多いですが、肝斑(かんぱん)の場合は50代後半を過ぎるとほとんど見られなくなる傾向があります。

肝斑(かんぱん)の特徴

肝斑(かんぱん)は、シミの中でも次のような肝斑(かんぱん)独特の特徴を持ちます。

  ・両頬、額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称に現れる

  ・地図のように不規則にもやっと広がって見える

  ・季節によってシミの濃さが変わる

  ・目のフチを避けてシミが出ている

  ・更年期、ピル内服中などに出現することがある

  ・妊娠、出産時期に出現したまま改善しない

これらの特徴に該当する場合は、肝斑(かんぱん)の可能性が高いといわれています。肝斑(かんぱん)かどうか皮膚科を受診して判断してもらいましょう。

肝斑(かんぱん)の内的治療

肝斑(かんぱん)の場合、一般のシミとは違い内服薬によってカラダの内側から働きかける治療がもっとも効果が高いといわれています。

もちろん、肝斑(かんぱん)についても普段の紫外線ケアやビタミン補給を継続することは必要ですが、それだけでは不十分なのです。

肝斑治療のために内服薬を利用すると、その有効成分は、血液を通して皮膚のすみずみまで届けられ、表皮の深い所にあるメラノサイトにより効果を発揮するのです。肝斑治療に有効な内服成分としては、ビタミンCとトラネキサム酸が比較的効果的で予防効果も高いようです。

肝斑(かんぱん)の外的治療

肝斑(かんぱん)の外的治療としては、アルブチン、1%コウジ酸クリーム(ビオナチュール、フェスモ)、甘草の油性抽出エキス(コラージュホワイトニングクリーム)が効果的といわれています。これらの外用薬は皮膚の角層から浸透してメラノサイトに到達し肝斑治療に効果を発揮します。

その他、皮膚科での医師による肝斑治療では、光治療、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体イオン導入、高周波での焼灼、液体窒素による冷凍凝固などの治療手段が必要に応じて適宜使用されます。

スポンサードリンク