シミ・肝班の特徴・対策・治療法

スポンサードリンク

皮膚科に診てもらう

気になるシミが肝斑(かんぱん)かな?と思ったら、医師に診断してもらい、適切な治療を受けることが肝斑解消の近道です。

自分のシミを診てもらう場合は、皮膚科で受診するのが基本です。中には美容皮膚専門の先生がいるクリニックもあるようですから、シミや肝斑を診てもらうなら、美容皮膚専門の先生がいるクリニックや皮膚科がよいですね。

皮膚科受診時の注意

皮膚科であなたのシミを診断してもらうときには、次の点に注意しましょう。

・化粧をしっかり落としましょう。

・薬を服用している人は、その薬を持参しましょう。

一つ目の注意は、化粧をしっかりと落とすことです。肝斑の判断をする際に、素肌の明度などをチェックするときに、メイクされて地肌が隠されることで正しい診断の妨げになるためです。そのため、診察の際にはしっかりとメイクを落とし、すっぴんの状態で受診しましょう。二つ目の注意は、服用している薬の有無です。肝斑の治療に関わらず、別のお医者さんにかかっていて薬を処方されている場合は、その薬の情報や、治療法と効果などを正確に伝える必要があります。場合によっては薬の組み合わせなどで副作用が発生する危険もあるため、お医者さんに正しく伝えましょう。

なお、シミの治療には保険が適用されないことがあります。そのため、保険適用の有無についても、診察時に確認しておきましょう。

スポンサードリンク